TSRのホーネット900用フルエキゾーストマフラーの使用レビュー

サイトマップ
ヘッダー画像

ホーネット900の大幅軽量化に貢献する排気システム

TOPページ >  ホーネットマニアックス >  ホーネットCB900F アフターパーツリスト >  TSR 180DA-S48-NK9 FULL EXHAUST

 

公開日:2013年06月11日
最終更新日:2013年06月15日

この記事の所要時間: 225

TSRフルエキマフラー・オフィシャルデータ

ホーネット900用TSRのフルエキゾーストマフラーメーカー:TSR/ホンダワールド株式会社
部品番号:180DA-S48-NK9
素材(エキパイ):チタン
素材(テールパイプ):チタン
素材(サイレンサー):カーボン楕円
音量(近接排気騒音):94dB
重量/STD比:4.8kg/ー9.0kg
オイル交換:○
フィルター交換:○
センタースタンド:×
備考:二本出し


 低回転域はSTDと同等の性能を、中回転域から高回転域までのパワーを引き出している。 インマニとエアボックス加工およびECU書き換えを行い、NK9を装着することで20馬力以上の性能向上を実現する。  純正の13.8kgに対してNK9は4.8kgと、9.0kgの軽量化を達成している。

大幅軽量化を実現するも積載性能悪化

ホーネット900のマフラー後ろ姿ホーネット900用TSRマフラー横から 純正に比べ、後ろへ長く伸びたカーボン製のサイレンサー部。ヒートガードが付いていないため、積載性はやや悪化してしまいます。ツーリング用途には不向きですが、街乗り、峠などでは約9kgの軽量化により格段に扱いやすくなります。

楕円マフラーでホーネット900がよりスタイリッシュに

ホーネット900用TSRのフルエキゾーストマフラー 独特の横置き楕円二本出しサイレンサー形状が特徴的です。
 低回転域の低周波音が重く響き、高回転域まで気持ちよく吹け上がり、官能的なサウンドは気分を盛り上げます。
 9kgの軽量化の為、気持ちスタート時にフロントがリフトし易くなります。出力特性が穏やかなため、気を使う必要はありません。

大きく張り出したエキゾーストパイプには熱対策が必要

ホーネット900用TSRのパイプは横に張り出す エキゾーストパイプは横に張り出しています。タンデム時、パッセンジャの足がちょっと心配になります。
 また、ベルト固定式のリヤバックなども、パッセンジャステップからベルト固定している場合、ベルトがエキパイ部に接触し易くなるので荷物満載で遠距離ツーリングする方は対策が必要です。
 2人乗りを多用する方もヒートガード付きのサイレンサー等を検討した方が良いかもしれません。

軽量化に貢献するチタン製エキゾーストパイプ

ホーネット900のエキパイ集合部 エキゾーストパイプはホワイトチタン製、陽極酸化チタンの様な虹色の焼けはありませんが、走っているうちにエンジンに近い部分が少し虹色に変化してきます。
 エキゾーストパイプはオイルフィルターを避けるように取り回されているので、それほど広いスペースではないのですが、オイルフィルター交換にも問題はありません。フィルター交換毎にエキパイを外すなんてできませんしね。

取り付けの際はリアサスを外す必要あり

ホーネット900用TSRのフルエキゾーストマフラー エキパイはリアサスを跨ぐ様に取り回されている為、センターY字パイプを取り除く際にリヤサスを取り外す必要があります。



 

アドベンチャーバイクで林道ツーリング