ヤマハの新型スクランブラー『SCR950』年内発表か

サイトマップ
ヘッダー画像

新型スクランブラーはXSR900ではなかった?

TOPページ > 最新ニュース > SCR950年内発表か|ヤマハの新型スクランブラーは950(941CC)空冷Vツイン?

 

公開日:2016年03月07日
最終更新日:2016年03月11日

この記事の所要時間: 132

ヤマハ新型スクランブラー『SCR950』の噂

2015年11月頃より、ヤマハの新型スクランブラーの噂がまことしやかにささやかれています。
2016年2月現在、わかっているのは「SCR950」という名前だけ。
この名前から予想できることはたったふたつです。
 
1.SCRはどうもスクランブラーをもじってるぽい。
  大穴で”Sakura” = “SaCuRa”。サクラ市販バージョン!

 
2.950は排気量ぽい。
 
リーク情報がまったく無いので記事はここでおしまいです。
ページも余っているのでちょっと空想、妄想してみましょう。
 
・車名はMTでもXSRでもなく、「SCR950」
・東京モーターサイクルショー、大阪モーターサイクルショーで初お披露目
・スクランブラースタイルのロードモデル
・エンジンは空冷4ストロークSOHC4バルブのVツイン941cc(50~60PS)
・装備重量200kg前後、丸目ヘッドライト、倒立フロントフォーク、リア2本サス
・税抜き本体価格約100万円
・限定アニバーサリーモデルのインターカラーバージョン!もラインナップ
 
いかがでしょう?いつもより余分に妄想してみました。
XSR950としなかったのはXSR900と名前も近いため混同、競合させない為だとも取れます。
XSR900のスクランブラーバージョンも噂されていますが、どうも正体はSCR950だったというオチかもしれません。
 
どちらにしろ2016年3月7日現在、なんの情報もなくただのガセネタの可能性もあります。
ですが今は東京モーターサイクルショー前夜。いろいろな妄想にふけるのも楽しみのひとつですよね。




 

アドベンチャーバイクで林道ツーリング