G650GS

今まさにスリップダウン直前!林道で奇跡の1枚を激写。

投稿日:

ウチの子もたくましく育ったものです

林道で遠くにたたずむ愛車を眺めます。

立派なトレールやビッグオフといった後ろ姿。

G650GS君、本当に立派になったものです。

お父さん嬉しくて男泣き。

まるでトレールバイク

いつもとどう違うのかといえば、今日はパニアが付いていません。

それにブロックタイヤを履いて、スキッドプレート、ラジエターガードが付いています。

とってもスポーティないで立ちです。

これぞアドベンチャーバイク

G650GSが可能な限りオフロード向けに背伸びをしたらこんな雰囲気になるんですね。

実際に走らせてみると、かなりキモチイイです。

ドライブスプロケットを15Tにした効果が大きいです。

じろぽんさんのお陰です、ありがとう!

調子に乗りすぎた

フラットダートなら200kgオーバーの車体でもそこそこ制御できます。

だからつい調子に乗っちゃいます。

林道巡行中

フラットダートをだいたい2速40km/hで巡行。

長い直線だと3速まで入れて60km/h。

コーナーでは20~30kmまで速度を落とします。

タンクバッグがちょっと邪魔ですが、それなりにライディングが楽しい状態が続きます。

スリップダウン中

さて、こちらの写真、ひとつ上の写真とよく似ています。

実はこれ、上の写真から10メートルほど進んだ数秒後です。

どこが違うでしょうか?

よく見ると、道がずいぶん傾いていますよね。

路面が水平になるくらい、頭を右へくくーっと傾けてみてください。

よく見ると車体は不自然に左へ倒れ掛かっています。

そしてなぜかハンドルは左にフルロックしています。

前輪はガードレールに向かっていますね。

速度計の針は30km/hを指しています。

実はこれ、今まさにスリップダウン!ヤバい状況ただいま絶賛進行中!っていう写真なんです。

結構な勢いで路面に落ちたがっているリアと、なんとかコジり起こそうと頑張るステアリング。

この瞬間、乗り手の気分としては「リカバリーする気満々100%!」「あ~今回は転倒するかもなぁって覚悟完了50%」の計150%の状態。

ひとの感情とは時として感極まってゲージを振り切るものです。いやはや。

原因はいったい何?

原因を想像してみます。

ゆるやかなコーナー、ちょっぴりオーバースピード気味に進入。

アクセルはパーシャル。

フロント荷重不足、タイヤが一瞬滑ってステアリングが切れ込む。

ほぼ同時にリアのグリップも砕けてスリップダウン一直線。

リアの滑り出しが早く、一瞬で制御失う。

 

ああ・・・タンクバッグが邪魔だったなぁ。

よぎる走馬燈。

 

そんな一瞬のきらめきを切り出してみました。

つづく。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS
-, , , , ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.