バイク

アナキーワイルドが減ってきたのだ!/舗装路での感想

投稿日:

アナキーワイルドが減ってきたのだ!

『グリップがないなりに楽しみ方はいろいろありそうですけどね。山が減ってきたらいろいろ試してみたいと思います』以前インプレでこんな事を書きました。

で、実際にブロックが減ってきてどうなったのか。舗装路での感想です。

リアは滑るよどこまでも

舗装路での擦り減ったリアの感想。

交差点をゆっくり右左折中、ほんのちょっとアクセルギクシャクさせただけで『ズリッ』となってビクっとなることがあります。

かと思えば突っ込みでリアを流すのは平気だったりします。わりと簡単に流れます。

若い子や上手い人はたぶんこの滑りやすさで遊んじゃうんだろうなと思います。良い悪いはおいといて。

どっかり座りっぱなしで走ったりせず、残存体力を惜しまずちゃんとステップワークして乗るなら200kgの車体を多少のやんちゃな運転をしても受け止めてくれます。

減らないフロント

購入当時とくらべて、今の走行ペースは上がっています。

けどオーバーでもなくアンダーも出さず。とってもナチュラルなハンドリングです。

ブロックパターンと重さを考慮すればもっと気難しいところがあるのかと思っていましたが、そんなことは全然ありません。

本当にオバケタイヤです。100km/h超えると風切りの爆音で耳が痛くなるあたりも含めて。

フロント1本に対しリア2~3本

摩耗状況から、フロント1本につきリア2~3本使えそうな感じです。

おそらく200kgの車体、アフリカツインやVスト、一度アナキーワイルドに替えると1~1.5万キロはこのタイヤセットを使うことになりそう。

あと1年ほど、フロントを使い切ったら、そろそろ次のタイヤをどうするのか考え始めるころです。

選択肢はふたつ。

ひとつめは高速の巡行、ワインディング、乗り心地を考えアナキー3かオンロードツーリング向けのタイヤ。

ふたつめは林道走行をつづけるために、アナキーワイルドかシンコー。

 

ぶっちゃけアナキーワイルドでの林道走行を知ったいま、これよりロード寄りのタイヤでダートを走るのはそんなに楽しみではなくなってしまいました。

なんとなーく、1年後もまたブロックタイヤを選びそう。

余談-次のバイク

さて、改めていま欲しいバイクはないかと自問してみます。

SS欲しいけどさすがにマズい。反射神経も集中力も落ちているオッサンが昔の調子で乗ったらおそらく死ぬ。

もしくは事故ってケガしてバイクライフ強制退場させられる。

軽量なオフ車も欲しいけどこれもマズい。いろいろ危なすぎる。

 

週末ライダー(月イチライダー?)が心にゆとりをもって乗れるけど、そこそこスポーティでストレスなく乗れるバイクとなると、結局ミドルアドベンチャーやツアラー系にいきついちゃいます。G650GS、長い付き合いになりそうです。

 

過激なSSや軽量トレールは老後の楽しみにとっておくとしましょう。

それと、乗るなら生命保険の追加で加入も必要ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-バイク
-

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.