スクランブラーのカスタム写真や映像をもっと見たいとき

CL250 引用元HondaGO BIKE LAB 知恵袋
CL250 引用元HondaGO BIKE LAB

スクランブラーの情報を集約しているページです。

ここで紹介しているサイトを見ればスクランブラーの過去、現在、未来が見えてくる!?

スポンサーリンク

スクランブラーを知る

歴史と語源

元々は1960年代に英国のトライアンフ社やBSA社などが製造した、オフロードでの使用を前提としたバイクでした。ですが当時のスポーツバイクをオフロード用途に改造すること自体は1950年代には行われており、このころが最初のブームであったと言われています。

カスタムスクランブラーのカスタム手法

1970年代の後半、メーカーが販売するスクランブラー的なスタイルのバイクは徐々に減少していきました。そのため1980年代以降、スクランブラーを手にするためには欲しければ自分で組む必要がありました。

リアツインショック、フラットなシート、幅広のハンドル、アップタイプマフラー、カフェレーサーよりも小さなタンクなど、スクランブラーの特徴的なカスタム手法はある程度確立されています。

ですが、個性的であることを否定しないカスタムバイクの世界ですから、ある程度定義からはみ出したとしても評価の対象にはなれど、よほどでない限り否定的に見られることは少ないと言えます。そのためキャストホイールやダウンマフラーを装備しているスクランブラーも少なくありません。

404: ページが見つかりませんでした | スクランぶらぶら

ネオスクランブラーの位置

ネオスクランブラーとは、スクランブラーバイクのデザインを現代的にアレンジしたバイクジャンルのひとつです。端的に言ってしまうと、現代のネオスクランブラーは、都市部での使用を想定したスタイリッシュで洗練されたストリートバイクとして再解釈されています。
そして現代のネオスクランブラーは古典的スクランブラーの特徴に加え、エンジンには高出力かつトルクフルなパフォーマンスを持つモデルが多く採用され、高速道路での長距離ツーリングも可能です。
古典的スクランブラーは5~6リットル程度の小さいタンクを装備することも多く、1回の給油で200km未満の航続距離しかありません。ですが現代のネオスクランブラーは10リットル以上のタンクを装備していることが多く、使い勝手、環境的な制約、技術の進歩といった要素によって正常に進化した姿であると言えます。

スポンサーリンク

スクランブラーを作る

自分でカスタム

ベース車両を自身でカスタムしていくことで製作します。SR400、W650、W800、TU250(ボルティやグラストラッカー)あたりが人気のあるベース車両です。
日本や海外などからカスタムパーツを取り寄せて交換したり、技術のある方は自身で溶接や塗装などをすることがありますが、一般的には非常にハードルが高いと言えます。

いま販売されている現行のネオスクランブラーをパーツ交換するくらいなら手軽ですが、本格的なカスタムスクランブラーが欲しい場合、バイク屋さんに製作を依頼するのが現実的な方法です。

有名カスタムビルダー

日本には有名なカスタムビルダーがたくさん活躍されています。
中には世界的に高い評価を得ている方もたくさんいます。
彼らの作る「作品」はイベントやショーなどで見ることができます。

平和モーターサイクル(広島)

HEIWA MOTORCYCLE

Wedge Motorcycle(東京)

Wedge Motorcycle / バイクペイント,カスタムバイク,ショップ/東京都八王子市大塚352-2
Wedge Motorcycle バイク・車などのカスタムペイント 東京都多摩市和田1377

46Works(山梨)

46WORKS
46works.net

TRUST MOTOR CYCLE(大阪)

TRUST MOTORCYCLE - Trust Motorcycle
Trust Motorcycle

MOTORCYCLE SHOP H.B.C(福岡)

Motorcycle shop H.B.C
hbc-mcさんのブログです。最近の記事は「6/14 FLSTF1340 カスタムオーダー制作中(画像あり)」です。

カスタムスクランブラーを見る

カスタムスクランブラーの写真をもっと見たいですか?
それならインスタやtwitter、Youtubeや海外のポータルサイトでスクランブラーのたくさんの写真や動画を見ることができます。

インスタで見る

twitterで見る

Youtubeで見る

Bike EXIF(@bikeexif)

モーターショーで見る

Yokohama Hot Rod Custom Show(横浜・12月)

海外のサイトで見る

Bike EXIF

各ソーシャルメディアを合わせて300万人を超えるフォロワーを抱える世界で最も影響力のあるカスタムバイクのウェブメディア。
ここに掲載されるものはすべて高品質なカスタムバイクばかり。高品質な写真や世界中の著名なビルダーを見つけたいときはここをチェックしよう。

Bike EXIF | Custom motorcycles and cafe racers
The world's most exciting custom motorcycles.

コメント