G650GS バイクの整備

ムラムラしてきた金曜の夜-愛車メンテナンスで過ごす夜

投稿日:2016年5月15日 更新日:

なんかみなぎってきました。
明日は休みなのでなんかしたくなってきました。

ということで金スマ見てる嫁に『ちょっとバイクいじってくる』と告げて外に。

さて乗り始めて3,000 kmのG650GS。ODO20,000 kmに近い愛車。
ムラムラを解消すべく消耗品の具合を確認してみましょう。

バッテリーコンディション良好!

手始めにバッテリーを外します。以前ちょっと乗っただけで液補充を2回しなければなりませんでした。あれから2,000km以上走っています。
大幅に減っていたらイヤだなぁなんて思いつつ確認すると、すべてのセルで規定範囲内。

良好なバッテリーの状態

真鍮ブラシで端子を綺麗にしてオプティメイト4(Amazon)につなぎます。
補充電後すると気泡の影響ですべてのセルでMAX位置。冬場の変動がウソのようです。

完璧です。

初回はゲルマニウム入りの強化液、以降は純水を補充していましたが、ここへ来て安定してきました。

原因は気温変化か、iPhoneの充電を行うようになって充電電圧が安定してきたか。
このあたりを確かめるつもりはありませんが、3シーズン中は2カ月に1回の補充電でいけそう。

エアクリは新品同様!

外装をパコパコ外していきます。
露出したエアクリは純正の様子。メイドインチュニジアって書いてます。
チュニジア製品ってはじめて見るかも。
小さな羽虫2匹引っかかってたので除去してエアダスターを吹きますが、ホコリひとつ出てきません。

状態の良いエアフィルター

エアインテークの内側を見ても綺麗なものです。ツルツルしてます。
念のためエアインテークまわりを乾拭きして終了。
ここまでは開ける機会は多いので、時々確認する程度でよさそう。

プラグチェック

分解を続けてスパークプラグまで到着。
付いていたのはNGKのDR8EB(Amazon)という標準プラグでした。
2本とも焼け具合はいい感じ。
両電極の消耗も微小。
碍子脚部にも異常燃焼みられず良好。

純正スパークプラグ

いつ交換したものかわかりませんが、最初からついていたとしたら約20,000 km。
念のため交換しておきます。予備に用意していたDENSOのIX24(Amazon)を取り付けます。

ホールの中に異物が入るのを防ぐのだけは気をつけます。
プラグを抜く前にハケで掃き清め、エアダスターで飛ばします。
プラグを差す前にプラグホール周りを拭いてあげます。

プラグのネジにいろいろ塗るのが流行っていますが、私は何も塗らない派です。
そのまま組み付けて終了。

オイル交換

『たぶんモチュールの10W-40入れてます』と説明されました。
「何入れてるかわかんない」と解釈。

交換後どれだけ走ってるか分かったものじゃないのですが3,000 kmで交換します。

オイルタンクを車体から外して傾け、ドレンから抜きます。

傾けられたオイルタンク

車体下部のドレンからも抜きます。時間をかけて徹底的に。
オイルフィルターは次回交換ということで放置。

再利用するアルミシーリングワッシャ

オイルタンクのドレンボルトはM8。アルミシーリングワッシャーは実測でφ8.1X13くらい。
8X14X1.5の汎用品(Amazon)が使えそう。今回は再利用します。

車体下部の銅ドレンワッシャー。まだ綺麗だったので面をならして次回再利用します。
今回はキタコの新品(Amazon)を使います。

使用するオイルは合成油10W-40です。
F650GSシングルで現時点7万キロ使えた実績のあるオイルです。
当面これで様子を見ます。
アクセルを開けたり閉めたりしたくなればもうちょっと硬めを試してみます。

最初に1.7 l投入、しばらくアイドリング後に残りを投入します。
2.7 l入ってようやくゲージ中央に到達。
今日はここまで。

※数日後、何回も試走し、ファンもしっかり回してからオイル量を再計測しました。
オイルが落ち着いた頃を見計らって再度計測したところゲージ上限を超えていました。
スポイトを使ってオイル保管ボトルに多すぎた量を移します。だいたい850 ml。
次回からは1.7 lくらい、ゲージ中央目標でオイルを投入することにします。(フィルタ交換なしの時。何回も抜き入れを繰り返したので、計算違いがあるかもしれません。あくまで目安として)

エンジンオイルが多すぎる場合、故障を引き起こすことがあります。
過剰に熱を帯びたオイルが本来かかってはいけない場所にかかるようになるそうです。
具体的にはニュートラルスイッチのピン等、樹脂製のピンを曲げたり、クランクシャフト軸受に使われている樹脂にダメージを与えるそうです。
全部海外サイトの受け売り情報ですが。

情報を公開してくれている650GS乗りの男前共に感謝しつつ、オイル量は厳密に管理・調整しましょう。

冷却水補充

レベルMINまで減っていたのでホルツの希釈済み(Amazon)を補充。

クーラント補充

ホコリ払い

せっかくヘッドカバーまで露出しているのでホコリをハケで払います。

ヨメ切れる

外装をさっさと組立てて試走に出ようと思いヘルメットを被ったところで怒られる。

本日の作業、(緊急)終了。

後日、オイル量の調整と、念のためF650GSのオマジナイを実施。アクセル3回開閉としばらくアイドリングさせる奴です。都市伝説のウワサもありますが。

次は秋あたりにリアブレーキパッドとオイル、オイルフィルターの交換あたりになりそ。
愛車の整備は楽しいけれど、最近はまとめてやると足腰にキます。寄る年波はなんとやら。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS, バイクの整備
-

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.