G650GS

クラッシュバーとスキッドプレートが干渉、切断して解決。

投稿日:

SW-MOTECHのクラッシュバー

ツラーテック(ツアラテック)のスキッドプレート(Amazon)を付けています。

最近、裏がボコボコで小さな穴が開いたりしてます。

そのうちコケる気がするのでSW-MOTECHのクラッシュバー(Amazon)を買いました。

お陰でヘルメットは当分おあずけです。

とほほ。

装着はマニュアル通りにやればとても簡単でした。

上部エンジンマウントボルトには、現物合わせでワッシャー枚数を調整する必要があります。

他の締結部を締めて、空いたスキ間の大きさと同じくらいになるようにワッシャー枚数を調整します。

ウチの場合、右1枚、左0枚でした。

スキッドプレート加工

見た目はアルトライダーのクラッシュバーが軽量で良かったのですが、ラジエターまで保護してくれそうなSW-MOTECH製を選びました。

この形状ならクラッシュバーバッグやフォグ、アクションカメラも取り付け易そう。

難点は4kgほどと、そこそこ重いことです。

事前にGoogleで画像検索して、このスキッドプレートとクラッシュバーを装着している写真を確認していたんですが、見事に干渉してしまいました。

金切鋸で切断

適当なサイズにマーキングして、金切鋸でさくっと切断。

ホームセンターで数百円で売ってます。

ジャコジャコーって切って、そのへんに転がっていた粗目の鉄工ヤスリでゴリゴリやすって完成です。

スキッドプレート加工

 

念のため、指を切らないように角を落とします。

そして完成。

これで今年はコケても安心です。

見た目はちょっとワイルドになりました。

しつこいようですが、林道ではまだ無転倒、豊中市のホンダドリームの駐車場で立ちごけ1回だけです。

今年も無事だといいなぁ。

準備完了!目指せ有名林道

ガード類、スプロケ、タイヤと、今年は完全に林道向けの仕様です。

若狭幹線、旧堀越峠、君尾・泉富あたりの雪はとうに解けました。

剣山スーパー林道も冬期規制が解除され、雪もほぼ残っていません。

西側は相変わらず通行止めのようですが。

氷ノ山はまだ雪が残っているようです。

なんとか3日!

捻出して、年内にこのあたりは走っておきたいところです。

そのためにタイヤからはじまり、スプロケ、ガード類を準備してきました。

さてさて、どうなることやら。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS
-, , ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.