G650GS バイクの整備

カウンターシャフトのオイル漏れを修理した話

投稿日:2017年10月28日 更新日:

オイル漏れの犯人はカウンターシャフトのオイルシールでした。

オイルブシャー!の完結編です。
犯人を完全特定しました。
カウンターシャフトのオイルシールから漏れていました。

漏れたオイルの一部がドライブスプロケットに回って、チェーンに付着して、遠心力でチェーンからテイクオフ!

樹脂カバー内側に飛び散って、樹脂カバーの内側を伝って、さらに別ルートの漏れと合流、エンジン下部をジグザグに経由した挙句、最終到達地点がドレンボルトでした。

回り道しすぎ!

ということで直すことにしました。

カウンターシャフトのオイルシール交換です。

写真はありません。

が、今回は豪華動画バージョンでお届けします!

動画で解説

補足

今回G650GSで初めて作業して分かった気になったこと、補足を少し。

1.純正オイルシールのバックフェイスは金属環のタイプ。

とっても外しにくかったです。

2.カウンターシャフトの締結方法がF650GSから変わってた。

F650GSのヘインズの市販整備書を参考にしているのですが、ここの締付トルクは140N・mとなっていました。

で、実際にボルトを見ると普通のM10X35。

140N・mで締め付けたら確実にねじ切れるサイズ。

調べてみると昔はでっかいナットで、ロックワッシャーを使っていたみたい。

あぶないあぶない・・・

ここの締付けトルクは40N・mだそうです。

詳しくはこちらを参照してください。

https://www.f650gs.crossroadz.com.au/GearboxRepair.html

M10ボルトには白い粉が付いていました。BNペーストかな?

ステンレス素材向けのカジリ・焼付き防止剤と思われます。たぶん。

3.流用できそうな国産オイルシールについて

純正オイルシールの品番は11117700116です。

サイズと仕様が判ったので今回は国産の汎用品を流用しました。

NOK製TC25407(AE1313-E2)です。

Amazon:NOK オイルシール TC25407 部品番号:AE1313-E2

規格とサイズを合わせているので大丈夫だとは思いますが、どれくらいの期間使えるのか現在検証中。

国産の方が長寿命で着脱もカンタンだと思いたいところ。

まとめー整備が趣味でなければプロに任せるべき作業でした

動画を見ていただくとわかるのですが、作業は単純、古いシールを取り除いて新しいのを入れなおすだけです。

ですがいろいろな道具やケミカルが必要です。

オイルシール交換、ありあわせの道具でなんとかしようとしてハウジングをキズだらけにしたりするリスクも非常に高いです。

最終的に泣きつく相手と移送手段があればいいのですが、そうでなければプロにお任せした方がいい作業だと思いました。

ともあれオイル漏れの件は一件落着。

どうにか車検に挑めそうです。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS, バイクの整備
-, ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.