ブログ復帰と暑さ対策の話

1カ月ほど更新できませんでした。
仕事で年末はどうしようもありません。
年始も同僚が入院でてんてこまい。
いま現在も残務処理で日が暮れてそこから自身の仕事に取り掛かる感じ。

たぶん当面こんな感じ。

さてタイトルの暑さ対策、書き間違えではございません。

実は大阪で起業されている実業家の方とご縁があり、2日ほど前、事務所仕事を終えてから訪問させていただきました。

販売されているのは『着るエアコン』です。

とても丁寧に開発のきっかけから現在までの進化をご説明いただきました。
遅い時間までお待ちいただいたうえ、遅い時間までお付き合いいただき恐縮です。

私自身、暑さ対策、寒さ対策のマニアです。
マニアの視点から見ても、暑さ対策グッズとして極限まで完成されたすばらしいものでした。

ごく簡単に説明すると、この「着るエアコン」は人体を水冷で冷やしてくれます。
動力はバッテリー。
これまでライダーは空冷でしか体を冷やすことはできませんでした。
そして空冷は気温が上がるほどに非効率な冷却方式です。限界が早い。

これを解決する方法としての水冷です。気温が非常に高くなっても冷却効率が下がりにくい。

ところがこんな仕組み、いざ作ろうと思うとすぐに大型化してしまい実用品とはとても言えないものが出来上がってしまいます。

「着るエアコン」のすごいところその1です。
これらの問題に対して、真正面からひとつずつ問題を解決し、ライダーや作業者が実用品として使える以上にコンパクト化させていました。日常品としても女性や子供にも使ってもらえるレベル。

すごいところその2です。
「着るエアコン」がすごく優しい装置だったこと。
機能さえ詰め込めばいいんだろ的に作ると、使い勝手に影響するのはどの業界も同じ。
優しくない技術者が作ったものは細かい気になる点を使用者に丸投げにしがち。
でもこの「着るエアコン」は各部品の耐久性はもちろん、水漏れ対策、着脱のしやすさ、軽さ、構造のシンプルさ、部品代替品の入手性、ライフサイクルへの導入のしやすさ、すべてが緻密に考えられています。
作り手の洞察力の高さと思いやりの深さなくしてなしえない、非常に高いレベルの製品だと感じました。

中でも面冷却、水をチューブに通さない工夫はすばらしい。
別にチューブでもよかったはずです。
あえて面冷却を取り入れた理由は熱力学と工業製品のデザインの知識に精通したものでないと理解されにくい部分です。
水冷チューブだとヘルメット内部で完全な異物となります。理由はチューブには肉厚が必要だから。
フィルムだとこの肉厚を非常に小さくすることができる上・・・

書きすぎました。

許可なくいろいろ書くのは良くないかもしれないですし。

今度許可をいただいた上で改めて書くことにします。

で、ここからが本題なのですが

「着るエアコン」は確かにすばらしい製品でした。

けれど見えない部分でいくら頑張っても、万人にこの良さを理解してもらうのはとても難しいということ。

扇風機はボタンぽちっで暑さが和らぎます。すずしいですよね~。

けれどこの「着るエアコン」は暑さに責め立てられ、頭がクラクラ極限状態に陥っている人向けの製品です。大多数のオウチでくつろいでいる人向けではありません。

絶対数が少ない。とてもニッチ。

良さが世間に伝搬しにくいのです。

じつに身につまされる話。

カタールに自ら売り込みにいったり、ジェトロを通じてマーケティングを頑張っておられますが、製品の良さを理解してもらうことの難しさを共感せずにはおれませんでした。

この日、こんなにも頑張っている実業家の方に出会えてとても幸運なことでした。
自分たち自身も彼に負けず、もっと鋭利に、より頑張っていこう、そんな気持ちになりました。

出会いは大切。その出会いを自身の糧にできるかも大切。
世の中わりと見えない大切にあふれています。

98点のオイル交換

連投です!

最近更新してなかったのでネタがたまってます。

オイル交換しました。

使ったオイルはリッター1000円ほどのこれ(Amazon)

10W-50のエステル入りVHVI(想像)の中間グレードオイル。

前に使っていたのは10W-40のエステル入りオイル。

前のオイルはよく回っていましたが、ちょいと柔らかいためかどの回転数でもよく回ろうとするあまり、アクセルワークは繊細さと大胆さを要求してきます。
決して上級者じゃないと扱えないとかそんなんじゃないです。
横着させてくれない感じ。

今回のオイルは少し固め。中間グレードながらエステル入りという点は共通。

なぜ冬のこの時期、固めを選んだのかというと、レスポンスをダルくさせてアクセルワークを横着したかったから。

で、変えてどうだったかというと、オイルを1ランク硬くしたような感じそのまま。
始動直後、オイルに熱が入るまでの初期、アイドリングにやや不安定さがあります。
しっかり熱が入った後はアイドリングはちゃんと安定しています。
ヘッド周りの異音等も特になく。
機械音はほんの少しコモったような音に変化しています。
アクセルはよく開くようなりましたが、ツアラーとしてはこのくらいでちょうど良い気がします。

2万kmちょいのエンジンは「まだ硬くするのは早いよ?」なんて言ってそうな感じですが。

10W-40から10W-50への変更。当然ポリマーで増粘してるわけです。
同一ベースオイルなら増粘剤が多いか少ないかという話。
ポリマーは走る程に壊されます。
粘度に関してのみで言えば、10W-40を許容する愛車のエンジンには長寿命オイルになる可能性があります。
今回そのあたりもちょっと試してみたかったところもあります。

もう1回同じのを使って通年試さないとわかりませんが、寿命が早くなければわりといいオイル選んだ気がしてます。

さてオイル交換作業、今回はいままでの作業の中でもかなりうまくできたと自負しております。自己評価は98点。

1.左カウル外してオイルタンクドレンから抜き取り
2.社外アンダーカウル外してドレンからオイル抜き取り
3.同時にフィルター交換。フィルターカバーのOリングの痛みを目視確認の上流用。
4.オイルが落ちてくるまでの間に、部品の洗浄と2枚のガスケットをオイルストン+556で流用調整。

ここまで25分。自己ベストです。
新品ガスケットは用意していましたが、わりと平滑なので流用することに。
フィルターカバーのOリングは亀裂・変形がなかったのでそのまま流用。

5.ガスケット3つを古オイルでなじませ一気に装着。
6.オイルを1.7l投入。少しエンジンを回して、残り0.55lを投入。

以前の入れ過ぎを教訓に、マニュアルの2.3より少し少ない2.25を投入します。
オイルゲージのセンター狙い。

7.組立てながら、ホース、ガスケットのヒビ等、車体コンディションの目視確認を実施。

8.ファンが回るまでアイドリングさせます。エンジン停止後、少ししてゲージを確認。

ゲージにまったくオイルが付きません。

これがワナです。

これは想像ですが、オイルはまだオイルタンクに還流できずにいます。
理由は判りません。気泡やオイル温度等想像したところで明らかにはなりません。

9.慎重にアイドリングを続け、このまま試走に出ます。
いきなり回転数をあげず、2000、3000、4000、5000rpmと、ごく少しずつ試走で回転数を上げていきます。
10kmほど走行後、エンジンを停止、すぐにゲージを確認(1回目)。
煙草を1本ふかしてゲージを確認します(2回目)。

ともにオイルゲージはセンターの位置。

10.各部のオイルの漏れを確認します。

とりあえず作業完了です。

過去の反省をもとに、作業前の予想通りの展開と時間配分を達成。

手前味噌ですが自分に98点をあげたい。

ちなみに減点の2点は

1.先輩諸氏のいう通り「醤油チュルチュル」活用した方が手っ取り早いのにわざわざオイルタンクドレンを使ったから。

2.ネジが1個余ってあせり、調べてみると実は別のバイクのネジだったというオチが面白くなかったから。

12月から洗濯表示が変わった話

詳しくはこちら。

消費者庁:家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程の改正について-衣類等の洗濯表示が変わります-(平成28年11月4日) [PDF:593KB]

冬もがっつり走るライダーは意外と読める人は多いですよね。
洗濯表示無視してたら高い防寒ウィンターウェアがダメになるの早いですから。
それでもウィンタージャケットなんて余程汚れない限り、シーズン終了時に一回洗う程度ですよね?
・・・こんなこと書くと不潔だと思われるかもしれませんが。

そもそもライダーの服はホコリや粒子をしこたま吸い込んでるので、すべからく不潔といえなくもないです。

相変わらずの特殊な持論を展開するのもほどほどにして。

今回の洗濯表示の変更は海外に合わせるための変更です。

洗濯表示タブ、日本向けと海外向け、ふたつ用意しなければいけなかったのでコストダウンのためかと。

海外の防寒グッズとかかうと、7種類くらい、これでもかってくらい表示タブついてるのありますよね?

あれの日本向けが一枚減らせるわけです。

ところで海外標準の表示と日本の表示、ひいき目に見ても日本の方がわかりやすい。

海外標準のマーク、いくつかシンボル化しすぎてよくわからない。

本来シンボル化は日本人が世界一得意な分野。

誰にでも意味が通じ易くという視点を忘れずに作られています。

だから日本人はシンボル化が得意。

むしろ世界が日本の洗濯表示に合わせればいいのに。

右にならえも日本的なのでよしとしますが。

当面ドライクリーニングと手洗いの表示だけでも覚えておけばいいかな。

さっき風呂上りにモリトのミッドインナープラスレイヤー(Amazon)を手洗いしながらこんなこと考えていました。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

2才の娘に前受身を教えた話。

よく走る娘、よく転びます。

巨大トランポリン

こう走って。

そして転倒

こうなる。

ゴツンという音が聞こえると心臓にわるいです。

くちびる切って泣くこと時々。

みかねて先日遊びながら前受身を教えました。

最初はこう、娘持ち上げてクルクル回して顔から布団におろします。

ニコニコ上機嫌。

「ちがうちがう、こう手を顔の前にして降りるんやで~」

遊びなので一発で覚えます。何回か繰り返します。

布団の上で膝をついて前受け身の実演もしてみます。

ふとんばふーん!音を立てます。

キャッキャ言いながらこれもマネしはじめます。

うむ、これでおっけ。

コーヒー入れるために立ち上がります。

「バチーン」

後ろで嫌な音が響きます。

目撃者によると幼児用のイスの上に登って前受身したらしい。

「・・・テッテいたい」

複雑そうな表情をしてますが、まぁいいか。

30分後

やっぱり走りながらヘッドスライディング発生。

娘、前受身成功。

「・・・テッテいたい」

「頭いたくなくてよかったね~」

あれから1週間ほど経ちますが、多少効果があったようで。

わりと心穏やかな日々を過ごしています。

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

妊婦は「使い捨てカイロ」を使うべきか否か。

ウチの相方は妊婦。

昔は使い捨てカイロが無いとこたえるタイプの冷え性さんでしたが、いまは各種ウォーマー類を敬遠してます。

以前いろいろあったもので。

寒いなら使えばいいのにとも思いますが、医者の間でもいろいろ意見が分かれるところだそうです。

定説はいつかひっくり返り、二転三転するもの。

某製薬会社が新製品を発売、広報の女性がテレビで言いました。

「スポーツ選手に最適!速やかに疲労物質であるところの乳酸を分解する疲労回復の決定版、なんとかサプリメント新発売!」

そして数日後

「研究の結果、乳酸は疲労物質ではなく、疲労を回復させる物質でした。蓄積した疲労が減少すると乳酸が減るので勘違いしてました。てへ!」

なんて笑い話があります。

某製薬会社が本当に乳酸を分解していたら疲労は回復しないし、仮に疲労が回復するのだとしたら乳酸を分解なんてしてなかったわけです。真相やいかに。

主張する方はいくら真剣で真面目にやってても、世の中意外といいかげんなものだというお話。

使い捨てカイロごときの使い方すら、医学の基礎を身に着けた医師の間でも意見が分かれる始末なのだから、結局はその人の使い方次第、状況次第、実行するのは自己責任。

防寒対策をいろいろ調べまくった結果、妊婦の場合使い捨てカイロは活用した方がいいのではと思うようになりました。

使い捨てカイロ使用に関してよく言われているデメリット。

1.常用すると体が慣らされ、基礎代謝が低下する。
体温を高い位置で維持できなくなるので冷え性が悪化するという話。
これはたぶん本当。少なくとも自分には思い当たります。

2.お腹にカイロを貼ると胎児に影響がある
影響・・・発熱に関してはあまりなさそう。
人体は寒くても暑くても内臓や羊水の温度を一定に保とうとしますから。
基礎代謝量と運動代謝量を足した発熱に対してカイロの発熱量は1割にも届きません。
その上張るのは表皮の上に着た布越し。
買い物行って筋肉が発熱して胎児に影響があるのなら、そりゃカイロも悪いのかもしれませんけど。
全身にくまなく、人体の発熱量X2倍とかの熱量を加えるわけでもありませんし。
常識的な使い方、補助的に使う範疇ならあまりこだわる必要はない気がします。

3.心臓付近に使うと心臓への負担が増える。
そういう状態もあるかもしれませんね。
心臓は高温を発生する発熱器官でもあります。
脂肪の多い方は大丈夫でも、皮膚の薄い方は特にあるかも。
心臓はタンパク質でできています。
発熱しつつも血流による冷却を必要とする部位ですから。

4.42℃以上でタンパク質の変性をひきおこす!健康被害だ!
そうですね。皮膚の表面組織には影響があるかも。
張った場所の水分量とかシミソバカスとか低温やけどとか。
けど表皮はすでに死んでいる組織ですし、カイロの場合熱伝導で伝わる熱移動が主です。
肌に直接張らなければ、血流や熱放射もありますし、早々に温度は減衰しそう。
常用さえしなければ影響はあっても健康被害のうちに入るかどうかは懐疑的。
50~60度まで温度が上昇するハクキンカイロもフリース袋に入れて使いますよね。
熱かったら布越しに使えばいいだけ。
ストーブも素手で触ればヤケドします。
それがイヤならストーブもコタツもカイロも使えませんしね。

妊婦の場合をあらためて考えてみます。

期間限定で体への負担が大きい時期。
厳寒期の冷え込み、体温の低下は母子ともにあまり好ましくないのは当然。
特に冷え性の方がつま先やゆび先だけを温めてしまうと、自律神経のスイッチが入り下半身から内臓への静脈の血流量が増えてしまいます。
下半身が冷え切っている状態では、カイロ使用が引き金になって内臓周辺の温度低下を招く恐れはぬぐい切れません。

忘れがちですが、体温計で測ると36度あったとしても冷え切ったつま先の温度は20度まで下がることがあります。
体温は体全体で均一なわけではありません。

冷え切った下半身の血液が内臓を余計に冷やすことに繋がりかねません。

内臓付近には子宮があってその中には羊水があります。これらが内臓とともに冷やされることが怖い。

手が冷たいとかはガマンしても問題なさそうですが、下半身の冷えは胎児の周辺環境への影響が大きそう。理屈的に。

ウチの相方もそうですがガマンできる女性ほどこういったリスクが高いような気がします。

使い捨てカイロをお腹に張るのはイヤがるので、最近足首用の「巻きポカ」を購入。寒い朝は強制的に巻いてます。

Amazon:桐灰 巻きポカ足首用

健康な時期のカイロの常用は基礎代謝の低下などを引き起こす可能性もありますが、寒い時期、体温調節のために体への負担の大きい時期。
冬季の妊娠期間中、これも体への負担が大きい時期。

使い捨てカイロも適度に使うなら逆に体の負担を減らすことにもつながることは想像に難くありません。

いま使わずにいつカイロを使うのだと思えるような状況。

心臓付近、お腹付近への使用を避け、使い捨てカイロを貼るのは下半身の保温の補助に足首やスネのあたり。

人体の基礎代謝分の発熱量は80~100Wくらいと言われています。
他にも運動代謝とかいろいろな代謝があるので、これはあくまで生きていれば勝手に発生する最低限の熱量です。
使い捨てカイロは約5Wだそうです。

冬季と夏季の温度差や気温差による基礎代謝の低下を考えても、カイロ2個使うくらいならロスもあって人体の発熱量の10%は超えることはなさそう。よく体を動かす方なら4つくらいでも平気な気もします。

母子の健康を考えて、体温維持に効果がありつつ、カイロ使用によるデメリットがあったとしても影響が胎児にも及ばない使い方を改めて考えてみます。

「妊婦の場合、使い捨てカイロはスネ、足首に装着すること。肌への直付けはしない。同時使用可能なカイロ数は2個まで!」

昔の偉い人は言いました。過ぎたるは猶及ばざるがナントカカントカ。

このあたりがメリットとデメリットのバランスがほどよく取れているのではと思います。

※しまとも個人が相方向けに調べて考えた結論です。
 マネされる場合、どうか担当の医師にご相談の上、指示に従ってください。

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村