G650GS

フロントスプロケットを15Tにして市街地を走ってみたよ

投稿日:2018年3月19日 更新日:

ドライブスプロケット、フロント16Tから15Tへ交換しました。

そこへ至る話は過去記事参照。

ドライブスプロケット類の洗浄
フロントスプロケットを低速寄りに変更する話

目 次減速比をショートにしたくなりました。減速比を変えるとどうなるの?ホントに減速比を変える必要があるの?G650GSのドライブスプロケットを16Tから15Tに変更する。減速比の変更と起こる変化最高速 ...

続きを見る

さてさて、交換作業はいたってカンタン。

付随する作業はチェーンの張り調整くらい。

スプロケットを交換するのだから、チェーンとドリブンスプロケットも交換したいところですが、それはまたの機会に。

また16Tに戻したくなるかもしれませんしね。

それで、15Tはどうだった?

悪くないですよ。

標準が15Tでも納得できる感じ。

信号が変わって、1、2、3とポンポンつないでいく感じに忙しなさはありません。

スロットルを大きく開かずとも実に気持ちよく加速してくれます。

でも高速での巡航速度は落ちるでしょうね。

ややこしいので隠語は使いませんが、例えば!

G650GSはもともと公称最高速度170km/hの車両です。

最高速度の変化はエンジンパワーと全面投影面積(空気抵抗)による変化が支配的です。

だから巨大なエルゴスクリーンをつけているウチのバイクの場合、最高速度はメーター読みで5~10km/hほど落ちる感じのハズ。

そこへきて、ドライブスプロケットの1T落としで、さらに10数km/h最高速度が落ちて、最高速度はガンガンに回しても約150km/h。

高速巡航速度はおそらく、100km/hを少し超えたあたりになりそうです。

これじゃまるでセロー250

高速巡航速度100kmで5速!

まるでセロー250の感覚です。

いやセロー250乗っている方からすれば似ているとは心外と思われるかもしれませんが・・・

車重が200kgになって、アクセルを開けずともトルクフルで強烈な加速をするセロー250です。

正直、林道は楽しみですが高速はちょっと不安。

とりあえず1度はこの15Tで有名林道を行ってみようと思います。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS
-, , ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.