バイク

オフロードライディングの独習方法(初心者編)

投稿日:2018年3月18日 更新日:

しまともは林道走行の経験はまだ3年目です。

春から初冬にかけて、だいたい月1でバイクに乗っています。

だから林道ツーリングは15~20回ほどの経験を積みました。

ほぼ初オフロードバイクがG650GSなんていう200kgの車両を買ってしまったものだから、コケかすわけにはいきません。

基本ソロですし、毎回必死に耐えたりしてヘトヘトになります。

オフロードでのライディングスキルはこの2年で独習しました。

誰かの役に立つかどうかわかりませんが、どうやって独習したのかご紹介。

Youtubeチャンネルの新星! MOTO TRECK

まだ登場して1年ほどの新しいYoutubeチャンネルです。

Bret Tkacs氏がアドベンチャーバイクの実践的な乗り方やTipsをレクチャーしてくれます。

英語ですが映像を見るだけで重量車のライディングをイメージできます。

残念ながらまだ日本ではあまり知られていません。

超オススメ。

小林直樹のネットでオフバイク

初心者にとって貴重な神サイトのひとつです。

ここに『ネットでライテク伝授』というコーナーがあるのですが、大変勉強になりました。

動画で解説もついてるのでとてもイメージしやすいです。

バイクの上で立て!ということをこのサイトを見て強く意識するようになりました。

いまも時々拝見させていただいてます。

小林さん、本当にありがとうございます!

ガルルWEBのオフロード・モタードのライテク実践講座

オフロードバイク初心者にとって、ここもノーチェックでは済まされないサイトです。

内山裕太郎さん、小林直樹さんが丁寧に解説されています。

とっても重要な基本技術から、マネする気にもならない高度なライディングスキルまで事細かく解説されています。

内山さん、小林さん、本当にありがとうございます!

独習がいいのか悪いのか

しまともは上の3つのサイトでオフロードでのバイクの乗り方を覚えました。

ここまで独習でやってきましたが、やっぱり誰かと一緒に林道を走って、上手い方に教えてもらうのが楽しいでしょうね。

手っ取り早い面もあります。

けど・・・コカしたくないのに、その場の勢いや、同行者の迷惑を考えてつい身の丈に余る場所にチャレンジして玉砕することもあったりします。人と遊びに行くと。

コケて覚えることも沢山あるとは思います。若けりゃ多少のケガもいいですが、中にはどんなケガも決して許されないオッサンもいるわけで。

ひとりでこっそり練習して、ゆっくり上達して、できることの範囲内で、ささやかに林道を楽しむ。

そんなつつましい楽しみ方自体はあってもいいんじゃないかと思います。

自分なら乗り越えられる!と思い込いこむことの大事さ

初心者のしまともは行けないイメージしか持てないところには絶対に行きません。

行けるかもしれない所は、自分ならいける!やれる!と自身を騙してチャレンジします。

失速させないためにどんな速度が必要でどのラインを通ったら登り切れるとか、初心者なりに具体的にイメージします。

あとは覚悟を決めて、イメージ通りに体を動かすだけです。

もちろんうまい方はそんな事考えなくてもいいような場所ですが。

運よくいまのとろこケガすることなく、自分なりに林道を楽しんでいます。

自分でわざと限界を作って、少しずつその限界を削り取っていく作業、満足感もあって楽しいですよ。

上手くなりたいと思う自分に追い立てられる必要はない

昔は早く上達したいと思ったものです。サーキットに通ったり。

どうせ乗り続けていれば、経験が積まれてそれなりに上手くもなります。

ちょっと刹那的ですが『明日走る林道が楽しかったらそれでいい』なんて思います。

まだまだ見知らぬ林道を走ることが楽しくて仕方がありません。

みなさんはどうですか?

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-バイク
-, , , , , , , ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.