G650GS バイクの整備

G650GSのローダウン仕様リアサスを標準車高のものに交換する話。

投稿日:

ダンパーロッドを磨いたのはいいけど、リア周りがまだ組みあがってません。

先にリアサスを交換して、一度走行点検しておくことにします。

今晩はリアサス交換、G650GSの標準仕様化の第5話はじまりはじまり~!

この車種、リアサスの上端がガソリンタンクに隠れてそのままでは外せません。

シートレールを上に回転させるように移動させることで、リアサス上端にアクセスできます。

ボルト緩めてすぐに動かせるわけでもなく、下ごしらえが必要です。

リザーブタンクの取り外しブレーキリザーブタンクはシートレールに取り付けられています。

このままだとシートを持ち上げる際にホースが抜けるので取り外し、フレーム側にタイラップで固定します。

ヒューズボックスの取り外しヒューズボックスも念のため外しておきます。

ここはツメで引っかかってるだけです。

BMSユニットの取り外しBMSコントロールユニットも取り外して靴下を被せます。

キズ防止です。

タイラップ除去1あと断線させそうな所のタイラップも除去。

念のためにと、合計3、4カ所パチパチします。

タイラップ除去2作業前の写真はとても重要。

復元する際にどんな風に取り付けられていたか、ワッシャー位置やタイラップ位置も含めてできるだけたくさん写真を残してから取り外していきます。

タイダウンベルトをハンドルに固定ハンドルとパッセンジャーハンドルにタイダウンベルト等で結束します。

しかし、すごいこと考えるなぁ。

メンテナンス性いいのか悪いのか。

タイダウンベルトをシートレールに固定シートレールの上側ボルト2本を緩め、下側を取り外します。

少しずつシートレールを持ち上げながらベルトを締め上げていきます。

もうサイレンサーを外していますが、G650GS(F650GS)の左側サイレンサーとエキパイの接合部は、このタイミングが一番抜きやすいと思います。

先の話になりますが、シートレール復元で逆の手順を追う際も、左サイレンサーをシートレールに装着した状態でゆっくりとおろし、エキパイに接続するのがやりやすかったです。

ちょっと上げては引っかかってる所や圧迫している所がないか、パーツやハーネスの様子をみながらゆっくりと引き上げていきます。

ローダウンサスペンションサス上端の登場~!

ようやくここまで来ました!

ここまで何日かかったことか・・・感無量です。

思えば「どうせついでだから」と割とどうでもいいところまでグリスやら(略

感動もそこそこにさっさと外します。

あまり時間もありません。

二本のサスペンション新しいサスと並べてみます。

全長は少し長くなってますね。

標準車高用のはオーリンズの他車種用(Amazon)を流用します。

といっても、純正品のパーツナンバーが同じですし問題ないでしょう。

サスペンションのセット長バネの線径は少し太くなっていますが、セット長は短いようです。

巻数は変わらないぽい。

面白いですね。

2.5万キロ走行のリアサス12.5万キロ走行のリアサス。

キズだらけのうえ、洗車でも水の届かない上部はドロだらけ。

2.5万キロ走行のリアサス2オーバーホールに出せばまだまだ使えそう。

長い間おつかれさまでした。

洗浄して大切に保管することにします。

観察もそこそこに新しいサスを取り付けます。

オーリンズの説明書とイニシャルアジャスターのケーブル取り回しが純正と違っているようです。

30秒ほど考えて、『なんとなく』純正の取り回しを選択。

深く考えてません。

サスのボルト穴に使用したのはいつものリチウムグリス(Amazon)です。

オーリンズのサス取付完了上側50 N・m、下側47 N・mで取り付け。

 

オーリンズサスの下端締結トルクはF650GSユーザー様のブログを参考にさせていただきました。

Diary of my motorcycle lifeさま

もう時間を過ぎていますが、シートレールだけ復元して今日の作業は終了です。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS, バイクの整備
-,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.