バイク

バイクマウント時に便利なiPhone設定とかの話

投稿日:2017年9月19日 更新日:

マップルメインで使っていますが、スマホはスマホで重要だったりします。

maps.meという無料オフライン地図アプリを現在地取得用に使っています。

現在地取得用ならGPSでもなんでもいいんですけど、常備する機械が増えるのも面倒ですからiPhoneで十分。

バイクにマウントする方法ですが、色々試行錯誤した結果、やっぱり防水タイプが一番便利だと思います。

最近は突然の雨も増えましたしね。

adelphosスマホホルダー(Amazon)

使っているのはこんなタイプ。

角度も変えられて、適度に振動を吸収してくれるのでG650GSにはぴったり。

難点もあります。

使っているうちに形が馴染んできて、スカスカになります。

画面タッチがしにくくなってスペーサーを追加したくなります。

画面端からスワイプしてコントロールセンターを出しにくいのも結構気になります。

スマホホルダー調整

付属のスペーサー、何枚か同梱されていましたが捨ててしまいました。

昔リチウムポリマーバッテリーを購入した時に付いてきたウレタンフォームのスペーサーを流用してみます。

スマホホルダー調整

ヘタってきてこのくらいの厚みが必要になってきました。

iPhoneを入れてみると操作性はずいぶん改善されました。

ガッチリ固定系はこのあたりの心配がなくてよかったのですが、ハードマウントはiPhoneのカメラ部を壊すことがあるので注意が必要です。

スワイプがしにくい等の問題はiPhoneの設定でなんとかなります。

例えば「設定」-「一般」-「アクセシビリティ」-「AssistiveTouch」をオンにすれば、画面上に常時ボタンが表示されるようになります。

用途的にはウインドウズの「スタートボタン」みたいな機能。

これを使えば画面端を使う操作は不要になります。

他にもジェスチャーやsiriさんを使えば画面タッチすらかなり省略できるようになります。

あくまでもマウントやマイク等の状況次第ですが。

さぁバイクに乗りに!

いきたいなぁ。はぁ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-バイク
-

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.