バイクの整備 プレマシー

不調改善!インジェクタと燃料ラインの洗浄

投稿日:2017年9月17日 更新日:

最近プレマシーの燃費が落ち気味です。トルクもちょっとギクシャク。

7万キロを超えた直噴ガソリンエンジン、1年点検時のオイル交換も近いことですし、ここらで一度PEA洗浄剤でインジェクタの洗浄をしてみることに。

ちょっとお高めですがフューエルワン(Amazon)をオートバックスで購入。

ガソリンスタンドで1本投入してタンクを満タンにします。

走り始めて10km、いきなり効果が現れます。

回転数の上昇が滑らかに。

トルクの乱れを感じません。悪く言えばもっさり回ります。

アイドリング時の振動も減少。

発進時いつもアクセルペダルをほとんど踏み込まないのですが、それでも燃費の良い状態を表す「エコランプ」は消灯していました。

これが劇的改善。

わずか10km走行させただけなのに発進時からずっと「エコランプ」が点灯しています。

これは中古車として購入した時よりも確実に良くなっています。

燃焼室のカーボンがわずか10km走行の一瞬で飛んだとは到底思えないので、これだけの即効性が考えられるのはインジェクタの目詰まり改善なのでしょうね。

目詰まりを起こしたインジェクタが作っていた混合気が、新車や設計時の理想的な状態に戻っただけとも言えます。

結果、燃焼効率の向上、トルクの復活が起こった。

そうでなければ10km程度の走行で燃費性能、フィーリングの大幅改善なんて説明できません。

燃焼室のガスの状態が良くなっただけで起こる変化とはとうてい思えない驚きの改善ですが。

宗教的でオカルトまがいの添加剤市場においてPEAだけは裏切らないとはよく言ったものです。

実際に国内の各自動車メーカー、バイクではBMWやヤマハ(ヤマルーブ)がPEA洗浄剤を販売、定期的な使用を推奨しています。

とにかくカーボンの堆積が悪さをしやすい車両ということが判ったので、定期的な対策をとることにします。

フューエルワンのカーボン除去は緩やかに進行するので初回は2~3回連続使用が推奨されています。

その後は5000km毎、オイル交換前の投入とのこと。

はいはい、仰せのままに。

フューエルワンとF-ZERO

けどフューエルワンはちょっと高いので、アマゾンやヤフオクで売っているF-ZERO(販売元が日産のフューエルワンOEM)に切り替えます。

もっと安い海外製もありますが、とりあえず無難に国内品を選びます。

 


PITWORK燃料系洗浄剤 F-ZERO 3本セット(Amazon)

そういえば以前、ボクサーツインでもカーボンにまつわる故障話を聞いたことがあります。

極低回転の頻繁な使用→カーボンの大量発生→ヘッドへのカーボン堆積→圧縮比アップ→デトネーションorプレイグニッション発生→局所的異常高温→シリンダーを巻き込んでピストン大破

『え~今時そんなエンジンあるんかいな』

と思ってググったら事例が見つかって引きます。

くわばらくわばら。

そういえばウチのG650GS君、エアインテークの温度センサー、水温センサー、エンジンスピードセンサーにホイールスピードセンサー、油圧センサー、ラムダセンサーはついていますが、ノックセンサーはついていませんでした。

ビッグシングルだし、直噴でもないのでカーボンの堆積なんて気にしてませんでしたが・・・

考えてみたら低回転のトルクが薄い652エンジン、少し心配になります。

一度PEAを投入して、調子に変わりがなければ別に問題ありませんし、試しに一度投入してみようかな。

もしそれで快調になればカーボンやワニスがオイルに回収されるので早めにオイル交換しなくてはいけなくなりますが、ちょっと興味が湧きます。

次回、『G650GSにフューエルワンを投入した話』にこうご期待!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-バイクの整備, プレマシー
-, ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.