G650GS

バイクの開放型バッテリーの液面が減りやすい理由

投稿日:

G650GSやF650GSは開放型バッテリーを搭載しています。

これがまた液面が減りやすいこと。

何か対策はないかと、開放型バッテリーの液面が減少する理由を調べてみたところ、次のサイトで気になる記載を見かけました。

 たろう君のガラクタ日記レギュレータとレクチファイア

開放型バッテリーは第2のレギュレータ

気になったところを要約すると

昔はレギュレータを搭載していないバイクもあった。

開放型バッテリーは過充電状態になっても抵抗器として機能し、回路に充電電圧以上の電圧がかからない。

これは水の電気分解によって余剰電力を消費していると考えていい。

はっと気付かされました。

発電はジェネレータ、整流と余剰電力の熱変換はレギュレートレクチファイア、蓄電はバッテリー。

役割と部品は一対一だと当然のように思い込いこんでいたということ。

開放型バッテリーに過充電すると電気分解してガスが発生するからダメというのは間違いで、開放型バッテリーは電気分解を利用して回路の電圧を安定化させる第二のレギュレーター。

バッテリー内の水は回路にかかる電圧を安定化させるための消費財だという考え方です。

ウチのバイクに搭載されている開放型バッテリーは回路上の電圧安定化のために取り付けられているのかもしれません。

開放型バッテリーを使う理由に回路保護があるのだとしたら、いくつか気を付けなければいけないことが判ってきます。

1.開放型からMFへの載せ替えには注意が必要

MFは密閉型。ガスを発生させられません。

もし密閉型で過充電状態となりバッテリー液が電気分解されれば発生した気体で本体が膨らみます。

もし密閉型で過充電状態となりバッテリー液が電気分解されないのなら、MFバッテリーは抵抗器としての機能が発揮していません。

MFバッテリーに載せ替えた場合、開放型の様に液面のチェックはしなくてもよくなりますが、バッテリー本体の膨らみと回路上に過電圧が掛かっていないか常にチェックすることが必要になりそう。

目安としてMF化後にハロゲンバルブの寿命等が短くなれば、回路に大きな負担がかかっていると考えていいかもしれません。

この場合、仮に走行に問題がなくてもレギュレータはフル回転状態、最大の発熱をしていると想像できます。

レギュパン、コイルの焼損への警戒も必要になるかもしれません。

2.過剰な省電力化にもご用心

バイクの発電器、磁界は永久磁石を使っているので、回転数が上がれば発電量も増えます。際限なく。

同じ回転数なら発電量も常に一定。

つまりLEDなんかで省電力に努めるとレギュレートレクチファイアの負担は省電力化した電力と同じ量だけ増えます。

MF化は安定装置をひとつ外す事にもなりかねず、不必要な省電力はレギュパンを呼びやすくなるかもしれません。

3.バッテリーを含む回路の延命には電力消費を少し増やしてみるのも手

ちょっとバランスの難しい話ですが、スマホの充電や無線機などで余剰電力を消費してあげれば、レギュレータの負担やバッテリー液量の減少を抑えられる可能性があります。

消費させすぎると逆にバッテリーから電力を取り出す回数が増えるのでバッテリーの寿命を低下させる原因にもなります。

やりすぎず、ほどほどに電力を取り出してあげるのがいいのかもしれません。

液面対策で楽しようと思ったら、逆にMF化への精神的ハードルが上がっただけの結果となってしまいました。

まぁ、使うのは水だけですし現状が一番お金がかからなくていいか。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。

車載機器2つ以上積んで走っているライダーの方、ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS
-,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.