G650GS

ボコボコのツラーテック製エンジンガードが直らない!

投稿日:2018年3月7日 更新日:

アンダーガードボコボコ

林道から帰ったら洗車します。

乾いたらサビ止めを吹きます。

KUREのラストガードを吹いてる最中、ふと車体下をのぞき込むと、ツラーテック(現ツアラテック?)のアンダーガードがボコってました。

前回の林道でやったみたい。

4ミリのアルミ板が見事にへしゃげています。

幸いなことに、この板を固定するステップ横のステーは変形してないぽい。

まぁ、目視だから多分曲がってはいるんでしょうけど、大したことはなさそうです。

さてこの隙間、ハンマーの柄を突っ込んでコジってもビクともしません。

小型の万力で掴んでも本体のカドが変形するだけ。

アルミといえど4mm厚だと手ごわいです。

車体から取り外してガンガン叩いても、穴位置変わりそうだし。

どうしたものか。

しかしまぁお陰で、これだけの衝撃がエンジンやフレームに直接いかなかったわけで。

スキッドプレートやアンダーガードって重要だなぁと思った次第です。

自分で叩いて、ダメだったら新しいの買っちゃおうかなぁ。

リアのイニシャル抜き過ぎていたのもあるかもしれませんが、あまりガレ林道ばかり頻繁に行くのも考えもの・・・なのかも。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS
-, , ,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.