バイク

本物?それともニセモノ?BoosterPlug、海外の反応

投稿日:

ここに来たみなさんは、そもそもBoosterPlug(ブースタープラグ)が何なのか、既によくご存じかと思います。

BoosterPlugが何なのか、そのくだりはすべて省略させていただきます。

BoosterPlug導入に踏み切れない理由

愛車のG650GSにとって、BoosterPlugは製品紹介通りならとても魅力的なポン付けアイテムでした。
まだ購入していない理由はBoosterPlugを使っていた友人のF650GSシングルの不調です。走行距離がまだ10万キロそこそこなのに突然エンジンがフケなくなったそうです。結局バラさず廃車に。
普通に使っていればもうしばらく使えてもいいロバみたいなエンジンです。ここは慎重に日本や海外のブログを調べてみることにしました。

BoosterPlugは蛇油か?

とりあえず日本のブログでインプレを10サイトほどググってみました。トラブル事例もありますが、おおむね体感可能な変化があるそうです。これだけではプラシーボ疑惑は晴れません。

引き続いて「BoosterPlug snake oil」でググります。
Snake oil(蛇油)。これは英語でインチキや詐欺を表す言葉です。

中国人曰く、「アメリカ人に中国水ヘビで作る万能薬、蛇油の作り方を教えたら、あろうことかガラガラヘビで蛇油作りはじめた。当然なんの薬効もなく、Snake oilはとうとう詐欺やインチキ医療行為全般を指す言葉になってしまった。ホントに迷惑な話だ」

ちゃんと教えなかった方も悪いだろという気もしますが、とりあえずそれは置いといて。

BoosterPlugに対する疑念は日本の比ではなく、本当にたくさん出てきます。彼ら曰く『時間とカネの無駄』だそうです。

「ダイノジェットで計測したがパワーカーブ全然変わらねぇ!」
「BoosterPlugは初期加速の一瞬しか効果ないんだから当然」
「そもそも10回計れば10通りのカーブ書くダイノジェットが参考になるかよ」

こんな調子です。2009年頃、BoosterPlugが登場して間もなく、このようなとりとめのない議論が繰り返されていたようです。

BoosterPlugの弱点

Blog調査の結果発表!
ざっくり、ちょっとは効果ある派が7割、インチキ3割。

悩みどころです。
BoosterPug,多少の効果は認められるも、使えている人もいますが、いまいち性能が安定していない印象です。

そもそも現代のバイクはノックセンサー、気温センサー、油温センサー、ラムダセンサー、非常にたくさんの種類のセンサーが使われています。センサーによっては二つついていたりします。

それらのセンサーはすべて正常とは限りません。走行距離に応じて壊れていきます。壊れたらどうするのか。
これらセンサーの信号を集めて燃調をコントロールしていたECUは、信号がヘンだとエラーを吐きます。
そして「なんかヘンだからとりあえずガスを濃くするか」という安直な結論を出力します。

いわゆる、オープンループ制御とクローズドループ制御という奴です。

ECUがどのように設計されているのか、定かではありません。
しかし、あらゆるすべての障害パターンを網羅してコーディングすることはおそらく現実的ではないと想像します。

そんなところに気温センサーの出力を偽装し、ECUに誤動作を誘発させるための回路をブチ込むのですから、電装系がヤレてきた年式の車体では、多少の不調も起こってなんら不思議ではありません。

それでも差すだけでいきなり扱いやすくなる(かもしれない)手軽さ。
もうちょっと安ければと二の足を踏んでいますが、林道で扱いやすくなりそうな予感もあるので、近く一度試してみたくもあります。

実は代替品もある-Accelerator Module

Accelerator ModuleというboosterPlugと同様のモノがあります。
こちらも一部の方からSnakeOil扱いを受けていますが、同時にBoosterPlug同等の効果アリとする人も多くいます。

そしてお値段は半額以下。

http://www.sol2.be/

日本では知名度の点で劣り、リセールまで考えると手を出しにくいブツではありますが、人柱上等の方にはぜひ試していただきたい一品です。もちろん完全に興味本位ですが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-バイク
-

Copyright© しまとものブログ , 2020 All Rights Reserved.