子育て

きれいなジャイアンに会いに行く話。|藤子・F・不二雄ミュージアム

投稿日:

きれいなジャイアンをご存じですか?

きこりの泉にジャイアンを落としたら女神が現れ、「あなたが落としたのはこれですか?」と訊かれ

「いえ、もっと汚いの」

と正直に答えたらご褒美にもらえるのが「きれいなジャイアン」なのです。

さて横浜の仕事も終わり、大阪に帰るだけなのですがせっかくお休みを移動日にしたのだからと立ち寄ったのが神奈川県川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアム。

アンパンマンこどもミュージアムは全国に点在していますが、このミュージアムは川崎市だけ!

とてもレア度の高い施設です。

藤子・F・不二雄ミュージアム

小さな川沿いにあるミュージアム、わかりづらいですが橋のランカンがドラえもんになってます。

妻と娘は昨日、足立区の友人のお宅に行っていたので現地で合流しました。

機会は有効活用。

今日も楽しんでくれるといいな。

パーマン1号と2号

敷地にはたくさんのモニュメントがあってたくさんの観光客が記念写真を撮っています。

パーマンやドラえもん、ドラミちゃん、壁から出てくるオバQとか。
3本土管やどこでもドアなんかも。

ドラえもん

特に人気の撮影スポット「3本土管」では外国人観光客が様々なポージングで土管を占有し、とんでもなく長い行列ができていたりします。

日時が完全予約制なので、一番早い時間に入館し、最初に撮影スポットを回るのがオススメです。

ドラえもんのコミック

館内にも様々な展示物、施設があります。

寝そべってコミックを読みふけることもできます。

漫画の原稿や仕事部屋なんか、とても興味深く拝見させていただきました。

ランチ

食事のできる施設は一か所だけ。

食事したい時間の30分~1時間前に番号券を貰って、この待ち時間の間に近くを見て回ったり、おみやげ物を探したりすると効率的です。

女子トイレ

女子トイレの案内が「しずかちゃん」に大ウケ。

基本的に子供が楽しめる施設になっていますが、大人も十分楽しめる仕掛け、展示物がたくさんあります。

とても良く作られたミュージアムだと感心ひとしきり。

さて、そんな中今回いちばん見たかったあるモノを見に行きます。

それは「きれいなジャイアン」。

すごい行列です!!

やっぱり目当てはみんな同じですね。

きれいなジャイアン

泉に沈んだジャイアンらしき物体。

土台からピョコンと出ているレバーをぐいっっと押し下げます。

きれいなジャイアン

ガコン!という音が響き、ちょっとだけジャイアンが浮かび上がってきます。

めげずにガコンガコンと何度もレバーを押していると

きれいなジャイアン

じゃーん!きれいなジャイアンの登場です!

全身ヌルッと濡れているきれいなジャイアン。そのかわいらしくも異様な状況に皆笑みがこぼれています。

並んで記念撮影が終わると、天頂部にある水抜きの穴から大きな水音を響かせて、ふたたび泉の中に姿を消します。

うむ、おもしろかった!

普段あまりドラえもんを見ない娘も館内をしっかり楽しんでいました。

以来、ドラえもんに敏感に反応するようになったのはあとの話。

いつものように帰る前、グズります。

「クルマでアンパンマン見よっか?」

「うん!」

親子でアンパンマンの歌を合唱しながら藤子・F・不二雄ミュージアムをあとにするのでした。

実はここ藤子・F・不二雄ミュージアムはツーリングで訪れにくい、難易度の高いスポットなのです。
近隣に2輪の駐車場はみあたらず、ミュージアムも日時指定の完全予約制。
近くに来たから寄ってみた的なアプローチができません。

ここに行く!と最初から決めて動かないといけないのです。

かろうじてコインパーキングはあるので車で訪問することはできます。

ドラえもん好きのお子様、子供の頃ドラえもんを読んでいた方なら絶対に印象に残る施設、ここ藤子・F・不二雄ミュージアムは神奈川県に来たらぜひ行きたいオススメのスポットです。

・藤子・F・不二雄ミュージアム
・住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
・電話:0570-055-245
・開館時間:10:00~18:00
・休館日:毎週火曜日、年末年始
・駐車場無。近隣のコインパーキング4輪のみ。
・日時指定の完全予約制。ローソンでのみ購入可。
・入館料(税込)
 大人・大学生  1,000円
 高校・中学生  700円
 子ども(4歳以上) 500円
 3歳以下無料
http://fujiko-museum.com/

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-子育て
-,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.