G650GS バイクの整備

エンジンオイルブシャー(2)

投稿日:

憂鬱な日々を過ごしています。

仕事が終わって、家事が終わると11時過ぎ。

深夜20kmほど走らせてはチェックを繰り返しています。

発泡酒を買いに行くついでに。

モレが止まったと思っていたら、まだちょっとオイルが滲んだテカリを発見します。

オイル漏れ

ごく少量ですが。

犯人が絞られつつ、新たな容疑者が浮上してきました。

容疑者1.スプロケ裏の汚れに吸われたチェーンオイル

容疑者2.カウンターシャフトのオイルシール漏れ

カウンターシャフトというのはドリブンスプロケットを取り付けている軸のこと。

とりあえずスプロケカバーとレギュレーターカバーを外し、全体的に汚れを落とします。特にドリブンスプロケット裏。

油は重力の方向に向かって落ちるので、カウンターシャフトから垂直方向を重点的に綺麗にしておけば犯人特定につながります。

またしばらく様子見です。

カウンターシャフトからだったら面倒だなぁ。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

カウンターシャフトのオイルシールからお漏らししたことのある方、ポチってくださると嬉しいです。慰めてください。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS, バイクの整備
-,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.