ライディングウェア

足もとの防寒対策-ライディングブーツ・シューズ編

投稿日:2017年12月6日 更新日:

防寒マニアのシーズンがようやくやってきました。

前シーズンは

オールシーズンジャケット+電熱無し+オーバーパンツ無しで寒波のやってきた深夜、高速道路を巡行する

という熱いネタで遊びました。

前シーズンでほぼ防寒ネタは遊び尽くした感がありましたが、唯一残った課題があります。

それが足元の防寒対策、ライディングブーツ、シューズ類の防寒です。

どうして足もとの防寒が難しいの?

あらゆるタイプのライディングブーツ類を極寒フィールドで試した結論、それは最後の敵はソールからの放熱だということ。

どんなブーツ類を履いていてもオーバーパンツ等で寒風の直撃さえ防げば割となんとかなるのですが、限界を超えた極寒フィールドでは寒風をソール付近で巻き込み、ものすごい勢いで足の裏から熱が奪われてしまいます。

残念ながらバイク専用品でこの環境を乗り越えられるものは存在していません。

この環境を乗り越えるためには専用品を捨てて一般アパレルの防寒具に戻る必要があります。

スノーブーツです。

足もとの防寒、最後の選択肢はスノーブーツ

北海道最北端の岬で年越しをする連中が履いているのはソレルの1964パックナイロン(Amazon)です。

1.5万円ほどする高級スノーブーツ(Amazon)です。

カリブー(Amazon)ブリザード(Amazon)を使っている方もいますが、このあたりが妥協なしの極寒本気装備になります。

スノーブーツが極寒に強い理由は内部空間の広さとハイト(背の高さ)です。

分厚い熱伝導率の低い層が外部への熱の移動を限界まで遅らせ、保温・断熱を実現します。

大柄なブーツですから操作性は落ちますが、寒さからは逃れることができます。

このテのブーツを履かなければならない状況では、操作性なんて二の次です。

ソレルまでいかなくても最低限スノーブーツ類から選ばなくてはなりません。

スノーブーツのお値段

最安値はワークマンの防寒ブーツ類です。

外観はビーンブーツですが3000円以下で購入できます。

大き目を買って分厚いソックスの重ね履きやインソール、インナーブーツを組み合わせて使います。

次のクラスは各ブランドから販売されているスノーブーツ類になります。大体5000円から10000円くらいの価格帯です。

ここがねらい目。

難易度が高いスノーブーツの購入

さてスノーブーツを選ぼうと思って困るのは現物を売っている実店舗が少ないこと。

フィッティング(ためし履き)できるところが少ないのです。

大規模スポーツ用品店で多少現物を見ることができますが、品ぞろえは知れていますし情報も少なめ。

そこでオススメしたいのがアマゾンプライムとアマゾンファッションの組み合わせです。

アマゾンプライムのサービス内容はこちら

スノーブーツ購入のアマゾンフル活用

アマゾンファッションに登録されている製品で、出品者がアマゾンとなっていれば、アマゾンプライムに登録している場合、無料のフィッティングが可能です。

なぜなら価格制限なくお急ぎ便の送料が無料、30日以内の返品なら返送料無料、商品代もそのまま帰ってくるからです。

この方法は裏技的なライフハックではありません。

この無料フィッティングをアマゾン自身が推奨しています。

キャッチコピー「全部まとめて注文して自宅で、自由にフィッティング」という動画まで作って告知しています。

気になるブーツ、サイズを2,3選んで注文、届いた製品をフィッティング、いらない分は返品するだけ。

プライム会員なので送料無料、返送料も無料になるのでお金がまったくかかりません。

いくつか判りにくいルールがあります。

アマゾンファッションカテゴリでなければ、開封すると半額しか返金されないので、例えば「カー・バイク用品」カテゴリに登録されている「ラフロやゴールドウイン、コミネのジャケット・シューズ類」では利用できないことがあります。

一部マーケットプレイスの出品者は独自の返品ルールを設けていることがあるので、価格表示の横にある「prime」マークと「返品無料」の表記があることを確認する必要があります。

さて、ここまで書けばお分かりかと思います。

実店舗で取り扱いの少ないスノーブーツ、しっかりフィッティングした上で購入する方法はアマゾンの活用が最善。

ここでアマゾンを利用しなくていつ使うのかと思えるシチュエーションです。

しかもアマゾンさん、シーズン中でも売れ行きの悪い製品は平気で20%オフとかしてきます。

デザインがあまり魅力的でないスノーブーツなら格安で購入できることがあります。

アマゾンプライムは1カ月無料体験がありますので、この冬にスノーブーツを買うために無料体験を試すのもいいかもしれませんね。

で、自分用に注文したのがこのアシックスのスノーブーツ、トレイルマスターのTR-16(Amazon)です。

デザインが微妙なせいか最近20%オフ、5,000円を切りました。

防寒性能のみを極限まで追求した割り切り果て、到着地点はスノーブーツです。

足もとの防寒対策、答えの出ない方はぜひ一度お試しを。

にほんブログ村のランキングに参加しています。

防寒対策で頭を悩ませている同志の方、ポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ライディングウェア
-,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.