日常

柿田川湧水群 (静岡県三島市)

投稿日:

ことの発端

「たむけんのいきなり!日帰りツアー」というコーナーがとあるテレビ番組にあります。
「たむけん」とは「ちゃー」とか焼肉とかのひとです。
このコーナーの内容は、『その辺の商店街を歩いている関西のおばちゃんに声をかけ、たむけんと一緒に日帰り旅行する』という、ごくシンプルなもの。
午前中に放送されている番組ですが、火曜日は毎週録画してみています。

時々たむけんが近所の商店街に出没するので嫁が予習してるぽい。

さて遡ること6月、たむけんさん、関西のおばちゃんを引き連れて静岡県の三島市へ行きました。

そこに映し出された光景のキレイなこと美味しそうなこと。
今年は出産もあり、娘もほとんど遠出をさせていません。

お盆もずっと仕事でした。
涼しくなってきたことですし、一泊で静岡を周ってみることにしました。

静岡、とってもいいところでしたよ!
立ち寄ったスポットをみなさまとシェアしてみたいと思います。

湧水と清流の遊歩道を満喫する-柿田川湧水群

大阪から車で向かうこと5時間、まず最初に到着したのが静岡県駿東郡清水町の柿田川公園。

ここには東洋一の湧水量ともいわれている湧水群があります。

柿田川の遊歩道から

有料駐車場からすぐに遊歩道に入れます。

清流を眺めながらの散歩は格別です。

随所に長野県上高地のような雰囲気のある場所です。

そしてアクセスは上高地と比べ物にならないくらいカンタン、気楽に訪れることができます♪

柿田川の湧水

湧水はいたるところから。『湧水群』ですしね。

この水は、地下を通ってやってきた富士山の雪解け水だそうです。

こどもの好奇心をくすぐる自然の宝庫

いたるところに興味をそそるものがあります。

ウチの娘も身を乗り出し、体を水に濡らして大はしゃぎでした。

流れを見守る娘

興味深そうに眺めています。

走り回っていますが、遊歩道は安全に造られているので気が休まります。

ところどころ長い階段があるので、ベビーカーは使えません。

子連れでいくなら『だっこひも』持参がオススメ。

あと忘れちゃいけないのが、お着替え。

ここで確実に1回目の着替えになります。

水路

水路では水遊びができます。

この日は比較的涼しくて、みずもひんやりしていました。

夏場なんか大勢の子供でにぎわうのでしょうね。

娘も上機嫌

長旅でつかれていないか心配でしたが、車の中でよく眠っていた様子。

はしゃいで、水を触って冷たさに驚いていました。

カニ

いたるところにカニやカタツムリ、クモがたくさんいます。

クモのお陰か羽虫は少なく感じました。

おとなは展望台からの眺めを楽しむ

「日帰りツアー」で見た目的の場所がここです!

展望台からの湧水

この色がみたくて来ました!

まるで北海道の『神の子池』を彷彿とさせる神秘的で鮮やかなブルーとグリーンの色彩。

しばらく清流の音と風を楽しみます。

柿田川湧水群が持つたくさんの肩書き

柿田川、柿田川湧水群にはたくさんのバッジがついています。

長良川、四万十川と並ぶ『日本三大清流』

他にも、日本の秘境100選、名水100選、天然記念物、東洋一の湧水量、日本で最も短い一級河川などなど。

関東に在住の方ならよく知られた川なのかもしれませんが、恥ずかしながら『日帰りツアー』を見るまで、柿田川という名前も知りませんでした。

大阪から5時間、朝4時に出発すれば9時にはたどり着けます。

北海道や上高地なんて、なかなかいけません。

そんな中、安心して子供を遊ばせられて、おとなも楽しめる柿田川公園の『柿田川湧水群』、オススメの観光スポットでした。

柿田川公園(柿田川湧水群)

所在地:〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見71−7

駐車料金:1回200円(普通車・50台駐車可)

ウェブサイト:清水町-柿田川公園

にほんブログ村のランキングに参加しています。

柿田川湧水群、行きたくなった方はポチってくださると嬉しいです!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-日常
-,

Copyright© しまとものブログ , 2018 All Rights Reserved.