G650GS

G650GS(JAN.14.2023)

投稿日:2023年1月12日 更新日:

G650GS(標準車高仕様)
走行距離56,000km
初度登録年月 平成25年3月

※順次ノーマルに近づけていき、ホイールのみF650GSのスポークタイプのまま手放す予定です。

・オーリンズリアサス(F650GS用)
※F650GSとG650GSのリアサスは共通部品のため互換性あり 品番:33537728374
・ゼロポイント製クロモリアクスルシャフト(前後・材質は当時使用されていたクロモリ)
・純正エキゾーストマフラー
・F650GS 前後スポークホイール
・標準車高用のセンタースタンド
・標準車高用のサイドスタンド(社外ゲタ付)
※フロントローターはブレンボのフローティングタイプに変更
・ワンダーリッヒ エルゴスクリーン
・ブースタープラグ(自作機能停止スイッチ付きハーネス付属)
・ワイドフットペグ
・メッシュライトガード(ガードステー残して取り外しが可能)
・SW-MOTECH製クラッシュバー
・ツラーテック製スキッドプレート(ボロ)
・純正シート(ロータイプ)
・オフロードミラー
・ショートレバー(折損予防)
・グリップヒーター左右とも稼動
・アルミラジエターガード
・バッテリーはショーライ製。そろそろ突然死の時期につき要注意
・純正パニア・トップケースはすべてメインキーと共通

付属品・パーツ
※取消線のあるものは順次出品していく予定です。

・純正スクリーン(標準ショートタイプ)
・純正ハイシート(純正ローシートも付属)
・G650GS 前後キャストホイール(再塗装推奨・ベアリング交換は当面不要)
・純正トップケース
・純正パニアケース(左右)
・MOSKO MOTO Reckless40(V3.0)
・アップフェンダーキット(予備フェンダー・アダプター付)
・ハンドルアップスペーサーキット(ボルトもあり)
・LeoVinceスリップオンマフラー(車検対応未確認)
・ローダウン化キット(純正ローダウンリアサス・フォークローダウン化パーツ類・ショートサイドスタンド)
・純正ミラー(左右)
・純正フットペグ(ラバーつき)
・ピボットペグ風のペグ(ALI)
・長さ調整できるシフトペダル(ALI)
・純正ラジエターカード(樹脂製)
・新品 純正ハンドガード(予備)
・新品 ドリブンスプロケット
・中古 XAMドライブスプロケット15T(ショートタイプ。チェーン交換不要。標準は16T。)
・新品 ステアリングステム用のベアリング
・新品 クラッチワイヤー
・新品 アウトプットシャフトに使える国産オイルシール(社外品)
・新品 ヘッドライトバルブ1(社外)
・中古 純正ブレーキレバー
・中古 純正フロントローター
・F650GS用の市販メンテ本(ボロ)
・他多数

メンテナンス

・3300km毎のオイル交換
・10000km毎のオイルフィルター交換
・10000km毎のプラグ交換
・25,000km毎のリンクグリスアップ
・50,000km時点でリンクのシール類をすべて新品に交換済み
・1~2年に1度のフォークオイル交換
・車検毎のクーラント交換・ラジエターキャップ交換・クラッチ・アクセルワイヤーのオイル通し・レバー類の清掃等
・洗車毎のフォークインナーチューブのラバーグリス塗布と拭き上げ
・定期的にラバープロテクタントを各種チューブに塗布
・センター・サイドスタンドの分解・清掃・グリスアップ(2~3回程度)
・動態保存のため、通年、最低でも1カ月に2回の運転(距離30km以上)。
・1日30km以下の運転は一切行わない。

取り扱いについて

・大きな故障なく10万キロ以上走破を目指してメンテナンスを行ってきました。
・アドベンチャーバイクとしては非常に軽量なバイクです。過激に軽量化を追求するとVスト250の車両重量カタログ値よりも軽い状態にできます!
・そのため転がしても破損の可能性が低く、アドベンチャーバイクでオフロード走行の練習にもオススメです。
・またフラットな場面であればレバー類も折れにくいようにパーツ選択を工夫しています。
・標準ホイールのG650GSより前後とも10mmずつ細いタイヤを履いています。そのためワインディングでの軽快感がより引き立っている印象です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-G650GS

Copyright© しまとものブログ , 2023 All Rights Reserved.